2016年03月27日

一番好きな

漫画家、小山田いくが亡くなった。

can&HK-160327-05.jpg続き
posted by RUBY at 07:33| Comment(2) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

夕空のクライフイズム

最近、はまっている漫画が、手原和憲の『夕空のクライフイズム』
超攻撃的なサッカーを目指す高校サッカーの漫画。
主人公は、そのチームの一のドリブラー。ただし、スタミナがないので、控えウィング。
その下級生でコーチの雨ちゃんの太ももが眩しいということで。

ALISA-150614-01.jpg

面白いサッカー漫画に出会うと、遊びたくなるサッカーゲームは『サカ特』
さっそく新チーム(シエロ)を作り、この漫画のシステム、3−4−3で、J1を目指すのだ。






続き
posted by RUBY at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

バケラッタ!

alisa-Q2.jpg

藤子・F・不二雄全集『新オバケのQ太郎』1巻

うーむ、Qちゃんの弟、O次郎が可愛い。
この可愛さは、藤子キャラで1番じゃないだろうか。
O次郎登場で面白さ倍増ですね。テレビマンガも、コミックスも新の方が好きかもしれない。


アリサ「・・・バケラッタ(可愛いって、私より)?」



続きを読む
posted by RUBY at 17:30| Comment(3) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

少女とつくもの

杉本ふぁりなのコミックス『少女人形』
記事にするのは2回目ですが、今回は写真付で紹介。憂ちゃんもそんな感じで弾けさせてみました。

sojoningyo.jpg

少女時代のCD紹介記事の憂ちゃんがあんな姿だったのは、この写真の方が先だったからなのです。

とりあえず、普通の本屋のレジには持って行き難い表紙です。もちろん自分は持っていきました。その勇気をほめてくれればありがたい。

話は、少女たちが少女マンガでこんなの読んでるんだとビックリしちゃうような内容かも。



posted by RUBY at 20:39| Comment(4) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

恋人のいる街

『少年アシベ』の森下裕美のコミック。

morishita.jpg

なんとなく処分できずに持っている1冊。
それだけなんだけど。


タグ:森下裕美
posted by RUBY at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

おーい隊長!

コミティア vol.96 へ行ってきたぞ。

tia96.jpg

ティアズマガジンが厚い!
会場が広い!
参加サークル3600突破!

ティアに行くのは、vol.69以来なので、ビックリだ。
前回行ったのが、2004年の夏。当時の参加サークル数(直接の)は、1490サークル。
ティアって創作オンリーなんだよ。それで、参加サークル倍増っていったいこの国に何が起きてるの?

ここまでサークルが増えてると事前にティアズマガジンをゲットしてチェックしないときついかも。







ちょっと一言
posted by RUBY at 17:49| Comment(4) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

お願いチンプイ


チンプイ

大全集の『チンプイ』です。エリさま、好きです。
たぶん、その気持ちは殿下以上。まあ、ちょっと異常?

最初のコミックス全4巻に、完全版全4巻も持っているのに
さらに大全集。どんだけ好きなんだ、俺?

『チンプイ』その話の内容は、マール星のルルロフ殿下の
お妃に選ばれたエリちゃんが、チンプイ他マール星人の説得
工作に立ち向かう話。で、いいのかな?
エリちゃんは、クラスメートの内木くんが好きなので、お妃
の話を断り続けているのですが、気持ちはだんだん殿下の方
へ向っているような、そうでないような。で、いいのかな?

2巻は5月発売だ。
posted by RUBY at 02:10| Comment(4) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

まんがのつくりかた

平尾アウリの『まんがの作り方』というマンガ。
4巻が出ていたので買った。

この人の表紙の色の塗り方が特に好き。
線の感じも好き。
描かれている女の子が可愛くて好き。

5巻は、夏ですか?
待たしますね。



ばけらった
posted by RUBY at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

ひみつの階段

紺野キタの『ひみつの階段(完全版)』1巻&2巻。
わざわざ、池袋まで行って、ペーパー付をゲット。

偕成社版もポプラ社版も持ってるので、これで3セット目。
もちろん、リリースされる度に収録作は増えてるので
なんの文句もありません。
が、コミックスのサイズが小さいのは、ちょいと残念。

おおもりいっちょうのDDこと大西洋海ちゃんや
わたしの想いは幼いの?の篠原まゆりちゃんが好きやね。


本命は、竹井千草ちゃん。
中等生の頃の可愛さは、最強です。
特にGIFTの千草ちゃん。

それにしても、制服のスカートの丈に時代を感じますな。

『日曜日に生まれた子供』もちょっと前に買ったが、
男性ファンとしては、紺野キタには可愛い制服少女だけを
描いてほしいです…。



posted by RUBY at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

ひとひらといなかの

久しぶりにコミックス。

桐原いづみ『ひとひら 7巻』
井ノ本リカ子『いなかの 1巻』

ともにひらがな4文字のタイトル。

『ひとひら』の方は、この7巻で完結。
超はずかしがりな麦ちゃんが、最初から最後まで
めちゃ可愛いのじゃ。

『いなかの』
帯の「今の僕らにはJCが足りない!!」とあるのだが、
JCって何?と本屋で悩むこと小一時間…。
裏見れば、日本の田舎、Japanese Country のことだと、
わかるけど、あまり田舎という舞台設定がいかされて
いないような…。まあ、結局は可愛くて穿いてないっぽい
えっちい絵が良いんだけどね。


posted by RUBY at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

夏の愛人

杉本ふぁりなの新刊?
『夏の愛人』
書名がストレート過ぎ。
タイトル作の続編、「夏の烙印」を書名にした方が
良かったのでは。

彼のスケッチブックから、偶然、ママの写真を見つけて
…それから。

「いけない子だな」「おじさんだって」
見せ場?が、無くても成立しそうな感じが、戦隊のロボ
アクションと同じようなものと言えそう。


そういえば、山川直人の『コーヒーをもう一杯』の
新しいの(4巻)があったような…。
手に入れなくっちゃだっぺ。

posted by RUBY at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

少女人形

杉本ふぁりなのコミックス『少女人形』
いろんな本屋に寄る度に探していたんだけど、昨日
いつもの駅前の本屋に並んでました…。
もちろん、即ゲット!
最近、ふぁりなのコミックスを置くようになっていたので
これも仕入れたんでしょうね…。どうせなら、コレも置いて
くれよと思ってたので、その想いが通じたのかな。
なんとなく嬉しいね。

大きめのリボンをつけた少女が、(コミックスを手にした)
俺を見つめる表紙。正に「はいてない」裏表紙...イイ!

タイトル作は、少女漫画にしてはスゲーなとしか…。
アグネスちゃんのお節介にひっかりませんように、と祈り
たくなりますな…。

同時ゲットは、『NANA』の新刊、19巻。
事務所に呼ばれたという美里ちゃんのその後が気になる。
無理な仕事って...美里ちゃんまでドロドロな世界に落ちて
いくのかい。
それと、レイラちゃんと一緒にいた男の子は、いったい?


posted by RUBY at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

11の恋の宝石箱

杉本ふぁりなの新刊『Love Jewels〜11の恋の宝石箱〜』
また買っちまった…。
薄い…、コミックスの厚みが、薄い。
何故だ?1話8頁だから…か。

それにしても、突然体験記でおじゃましたという作品の
タイトルは何?観てみたいぞ…。というか、出演しなく
ちゃ…体験記にならないのでは…。

このコミックスでは「ラブレター」が好きかな。
頁数も多いし…。
8頁ものでは、「プライベートアクトレス」とか
「Pinkish」あたり。

で、『少女人形』はどこ?
初めて入った本屋さん。ついつい探してしまうのだけど、
なかったです。

posted by RUBY at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

秘密の花園・月光奇譚・ミツノアジ

駅前の本屋に、自分の持ってない杉本ふぁりなのコミックス
が、突然並んでるんだよ。池袋まで行かなくも手に入るの
なら、と買っちまった。

『秘密の花園』
表紙、ヒロインの首と手に鎖…。TLで、監禁もの?
そういうの、あり?
カップリングの「夏×恋」は普通に少女漫画してますね。

『月光奇譚』
3部作の内、1編はガチシスプリ(現代視覚文化研究2よ
り)…ですね。
そういうの、あり?
このコミックスでは、卒業する先輩と後輩の関係を描いた
「早春譜」が、他よりは普通で良いかな。
続編では、後輩くんが攻めてて、ナイス。

『ミツノアジ』
ヒロイン全員20代のような気がするが、それでもTL?
19才なのかもしれないが。…あり?
「マリア」のラストの先生の表情がナイス。


それにしても『少女人形』は置いてくれないの…。
あれば買うのにね。



続きを読む
posted by RUBY at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

少女人形II

杉本ふぁりなのコミックス。
なんというか、表紙の少女の視線に惹かれて買っちまった。
表紙の服装、「せいふくもの」としては微妙なんだけど、
帯に「制服の下に隠された恋心と欲望。」とあれば、
ついつい手を出してしまうのぉ。

女性向けのコミックスってレーティングがないのが不思議。
そんな物語が楽しめるって感じかな。

東雲水生の『花のヒメゴト』と『無敵のハニー!』
それから、西炯子の『First Love』もゲット。

東雲水生は、・・・ありの少女漫画。
杉本ふぁりなのそれと違って、戦隊もののロボ戦みたいな
感じかな。なくても話が成立しちゃうようなとこがね。

西炯子のは、STAYの部長さんと先生の話の続編。
ヒロイン愛ちゃんのお母さんが良いねえ。
ベルト締めながら、慌てて出勤する先生もキュート。

いずれにしても、女の子が可愛い絵のマンガが大好き、
なんだな、俺って。



posted by RUBY at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

復刊・すくらっぷブック・3

この間、2巻が届いたと思ったら、もう3巻が届きました。
今回は早いですね…。
3巻は、かがりちゃんがクマに告白する話から、南中の
アサや妙子ちゃんと、きのこ狩りに行く話まで。
そのアサ、妙子ちゃん、ノーミンの三角関係の問題で
晴ボン達が旅に出る話が、1番の見所かな。
当時、チャンピオンですくらっぷブックを初めて読んだ
エピソードが、その旅の途中の「海色の明日」だったり
します。

そうそう、シン&直美ちゃん主演の映画の話も好きですね。


posted by RUBY at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

復刊・すくらっぷブック・2

8月下旬に出たはずの復刊『すくらっぷブック』の2巻。
先週、やっと届いた。どうなってんの?と、復刊ドットコムに問い合わせもした。返事は、サイン本だから遅れちょり
ますとのことだったが、届いた『すくらっぷブック』には、
サインなんてどこにもなかったです。単に忘れてただけなん
ちゃうか?プンプン!

話の方は、雅一郎がカナちゃんに惚れる話から、晴ボン達が
3年生になるところまで。晴ボンたちのギャグが最も弾けて
いた頃だと思います。
仕方ないことだけど、表紙の絵が当時とかなり違うのは寂し
いですね。


posted by RUBY at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

復刊・すくらっぷブック・1

小山田いく選集・3
『すくらっぷブック』の1巻が届きました。

カバー他、今の小山田いくの晴ボンたちの絵が変わっていて、
ちょっとさみしいかも。特にイチノがあの頃の面影なしって
感じです。

それにしても、懐かしいな。晴ボン達の学年が、自分より
1年上で、こんな中学生活がおくれたらイイナなんて
思ったましたね。特に中1の頃は、2作目の金八先生みたい
な雰囲気だったから、余計にね…。
続きを読む
posted by RUBY at 04:11| Comment(1) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

五百羅漢(幻のデビュー作)

復刊ドットコムのブッキングの小山田いく選集、その2が
出ました。収録作が全て、自分にとっては初めて読む作品で
小山田いくファンとしては嬉しい限り。
でも、ほとんどが、サスペリア掲載のホラー系なんすね。

今回も著者の各作品へのコメントが面白い。
特に「白い異界」の目の描き方にこだわったというコメント
が印象的です。

さて、次巻からは待望の「すくらっぷブック」
中学の頃のあこがれの学園漫画、あー待ち遠しい。

タイトルとは関係のない話(続きを読む)
posted by RUBY at 11:22| Comment(2) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

こころが温もるきまぐれ乗車券

心に温もりが欲しい人へ(帯より)、
小山田いくの『きまぐれ乗車券』が復刊!!
少年ビッグコミックの単行本を持ってはいるんだけど、
初単行本化の作品も収録されたとあっちゃあ、買うっきゃな
い。

「きまぐれ乗車券」の他に収録されたのは、
「くすのき亭の日々」全3話
「すぺしゃる料理人」
「約束」



「すぺしゃる料理人」(続きを読む)
posted by RUBY at 12:55| Comment(2) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする