2015年07月12日

夕空のクライフイズム

最近、はまっている漫画が、手原和憲の『夕空のクライフイズム』
超攻撃的なサッカーを目指す高校サッカーの漫画。
主人公は、そのチームの一のドリブラー。ただし、スタミナがないので、控えウィング。
その下級生でコーチの雨ちゃんの太ももが眩しいということで。

ALISA-150614-01.jpg

面白いサッカー漫画に出会うと、遊びたくなるサッカーゲームは『サカ特』
さっそく新チーム(シエロ)を作り、この漫画のシステム、3−4−3で、J1を目指すのだ。






そのチームの経過は、3年目でJ2の2位になりJ1昇格するも、J1では苦戦し、5年目で降格ということに。
5年目の途中まで、戦術はカウンターにしていたが、いまいち勝てないので、左サイドからの攻撃に変更。
降格にはなったけど、戦術の変更の効果があったのか、ニューイヤーカップでは優勝という結果に。
6年目のJ2では、圧倒的な強さで優勝して、再昇格。
7年目の2ndステージで、J1初優勝。

シエロの戦いは、これからも続くのである。

posted by RUBY at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422207801
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック