2012年04月22日

ライリちゃんと酒メタル

ライリちゃんはフィンランドからの留学生(という設定じゃ)。
フィンランドと言えば、メタル(北欧メタル)、コルピクラーニ。
前から気になっていたコルピクラーニ、ライリちゃんと楽しむためにアルバムを買ってみた。

korpi.jpg

買ったのは、アルバム『コルピの酒盛り』
帯に、「SAKE METAL」と記されているのじゃ。

このバンドの曲には、今時珍しい邦題がついているのじゃ。

01.ウォッカで乾杯!!
02.地獄の酒盛り隊長
03.古今東西-森話し
04.コルピの森の神隠し
05.酒でも飲むか!!
06.いい酒・夢気分♪
07.眩いあの娘にフォーリン・ラブ
08.ビールの王様
09.ファッビスの宝物
10.鋤持ち坊や“キョンニ”
11.ヴェサイネンの戦い
12.色男にはご用心!?
13.二日酔いコルピ

聴く前から、わくわくしてくるのじゃ。

・・・

このバンド、普通のメタルバンドとは違って、フィドル、ヴィオラ、マンドリン、アコーディオンが使われているのじゃ。
というわけで、酒を飲みながらこのCDを聴いていると。
あれ、ライリちゃんは、どこに・・・。




「ちょっと!ライリちゃん、離れなさい!」

lycee&raili-2.jpg

あ、ライリちゃん、なにやってるの!



posted by RUBY at 04:02| Comment(4) | TrackBack(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「SAKE METAL」、、なるほど、楽しい収録曲名はお酒にまつわるものが多いですね

アコースティック楽器が使われる音楽は、全般的に好きです。音数が多いというか豊かに思います。でも、メタルに、マンドリンとアコーディオン、、ううん、ちょっと想像が付かないですw

ライリちゃんは、たぷたぷ、としたところでしょうか。羨ましがってるんですね♪
Posted by ぱりか〜る at 2012年04月22日 19:12
こんな楽しみ方ありなの!!!

さすが職人、CDの内容が吹っ飛びますわ〜www
Posted by しんげんもち at 2012年04月22日 23:09
> ぱりか〜るさん

シンセが使われてないので、そのかわりにそれらの楽器でサウンドに民族音楽的な(解説より)味付けがされてます。

ライリちゃんは、どうしちゃんたんでしょう。こうなると暴走気味のいたずら娘ですね。
Posted by RUBY at 2012年04月22日 23:20
> しんげんもちさん

ありですよ。
たまには絡ませないとね。

絡ませるために、

06.いい酒・夢気分♪
07.眩いあの娘にフォーリン・ラブ

をドールで表現してみたら、ライリちゃんがあんなことを・・・。

Posted by RUBY at 2012年04月22日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック